婚約指輪と結婚指輪って何が違うの?

婚約指輪の特徴と相場!

結婚を決意したカップルが身につける指輪には結婚指輪と婚約指輪がありますが、その違いについて理解している人は多くありません。婚約指輪は結婚することになったカップルにおいて男性が永遠の愛を誓うために女性に贈る指輪のことです。男性が贈る立場で女性は贈られる立場というわけです。プロポーズのときに渡すか、プロポーズを受け入れてもらった後に贈ります。平均的な相場価格としては200000円から300000円です。婚約指輪に選ばれる宝石としては圧倒的にダイヤモンドが人気が高いです。サファイヤやルビーを選ぶ人もいますが、統計的には9割以上がダイヤを選びます。近年は贈られる女性の誕生石をあしらった婚約指輪を贈るお洒落な男性も出てきています。

結婚指輪の特徴と相場!

婚約指輪が結婚する前に男性が女性に贈る指輪なのに対して、結婚指輪は結婚式の指輪交換のときに男女が贈り合う指輪のことです。平均的な相場としては100000円から200000円です。婚約指輪よりもシンプルなデザインを選ぶ傾向がありますので、婚約指輪よりも価格が低いです。結婚式を挙げた後は日常生活において身につけるものが結婚指輪なので、あまり派手なものだとファッションと合わないのです。宝石がないものが一般的です。リングはプラチナが圧倒的に人気があります。最近はプラチナと同じような輝きがありながら、プラチナよりも安価なホワイトゴールドの人気も高まっています。婚約指輪と結婚指輪のいずれも装着する指は左手の薬指です。

男性から女性にプロポーズをする際、婚約指輪が必要かどうかは女性次第になります。サプライズでもらうのが嬉しい女性と、自分で好みの指輪を選びたい女性がいます。

© Copyright Eternity Hapiness. All Rights Reserved.